プロフィール

たかつき保養キャンプ

Author:たかつき保養キャンプ
~福島原発事故で被災した地域の子どもたちのための~
2016年夏も開催決定!
ボランティアとカンパについて
hoyou_takatuki@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が終わり・・・

久しぶりの更新です。

暑い夏が終わり、大阪は晩秋の紅葉もきれいな時期を迎えています。
事務局では、夏の振り返りをし、報告集の準備を始めました。
子どもチームは、キャンプ終了と同時にそれぞれ故郷に帰ったり仕事や学校で忙しく過ごし、11月11日、約3ヶ月ぶりに顔を合わせ、振り返りをしました。
3ヶ月も前のこととなると記憶が曖昧な部分もありましたが、印象に残っている所、工夫する所など、今年の反省点と来年の課題などを話し合いました。


翌12日と13日には、「ほようかんさい」主催の1泊交流会が大阪の箕面市で開かれました。
関西の保養グループの皆さんが、今後の保養の進む方向や、日頃の活動の中でぶつかっている問題などを泊まりがけでゆっくり話し合おうという、初めての試みでした。
30人近くが参加し、311受入全国協議会共同代表や、長野や神奈川で保養に取り組む方、京都大学に留学中の女性も参加。
たかつきキャンプから3人が参加し、学習と交流を深めました。
いつももやもやとしている所、聞いてみたいことなどたくさんあったようで、話したらなさそうな人もいました。
内に籠もっている考えを外に発散する機会になり、いつも観じているもやもやが少しは表面化し、話が盛り上がりました。
他のキャンプがどのような取り組みをしているのかを知ることにより、何が問題なのか、取り組むこと、連携できることなど多くのことが見つかりました。
いつもは少ない時間で話し合っていましたが、ゆっくりと話せる機会になりました。


夏のキャンプの報告集作成も大詰め。
編集の人達がそれぞれ分担して作業をしています。
今月末にはできあがる予定です。
手元に届くのを楽しみに待っていてください。
スポンサーサイト

終了のお知らせとお礼

残暑厳しい毎日ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか?

第4回たかつき保養キャンプは、みなさまのご支援をいただき、7月29日~8月4日の日程を無事終了いたしました。
今回は、福島県と宮城県から17人の子ども(4才~小6)と4人の保護者が参加、プールや摂津峡で歓声をあげ、水鉄砲や野球や虫取りで走り回り、お話し会や三線、マジックなどで思いっきり楽しんでくれました。
心からお礼申し上げます。

3・11から5年半近く、でも原発事故の影響は目に見えない形で、むしろ深く複雑になっているように思えます。
現地の方々の願いとつながって今後も保養キャンプを続けていく決意を新たにしております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
詳しくは後日報告集にてお届けいたします。
まずは簡単ながら、無事終了のお知らせとお礼まで。

2016年8月20日
たかつき保養キャンプ・プロジェクト
よびかけ人・事務局一同

終わりの日

キャンプ7日目。
今年のキャンプが終わります。

起床はいつもの通りの子どもたち。
早く起きた子は、鐘をつきに行きました。
起床時間になり、のんびり起きる子も。

朝食後は、最後の荷物の確認と、使った部屋のお掃除です。
荷物は、昨日から空いた時間に整理していたのですが、忘れ物はないのか、お友達のものは入っていないのか・・・
心配は尽きませんが、きれいに片付けられました。
掃除もしてしまえば、部屋が広々としています。
その場所ですぐに走りまわる子どもたち。
せっかく畳んだお布団とシーツなどはぐしゃぐしゃです。

終わりの会では、今日までに撮った写真の中からダイジェストで振り返りました。
子どもたちがどんな場所に行き、遊んでいる姿はどんなだったのか、大人達は嬉しそうに見ていました。
子どもたちに1人ずつ感想を言ってもらいました。
何が一番楽しかったのか、感謝の言葉、来年も・・・嬉しくて、おもしろい言葉が聞けました。

見送ってしまえば、宿舎も静かです。
残った人で片付けをし、少し反省会をしました。
このことは、次につなげていきたいです。




今年も無事にキャンプが開催できました。
カンパをしてくださった人、キャンプの準備や当日手伝ってくださった多くの皆様、本当にありがとうございました。
皆様の協力に感謝してもし尽くせないほど、たくさんの協力をいただきました。
今年もできたことにほっとしています。

2回目のプール

キャンプ6日目。
今日は、朝から高槻のお隣、茨木市の西河原市民プールへ行きました。
平日の朝ということもあり、人が思ったよりも少なかったです。
流れるプールの途中には、滝のような部分があったり、のびのび遊んで泳げました。
スライダーをしたり、屋内のプールで泳いだりと、それぞれがそれぞれ楽しく遊びました。

昼食後は、疲れもだいぶたまってきたから、多くの子がお昼寝するかな~と思っていたら、思いの外少なかったです。
昼食後すぐに外でキャッチボールする子、虫取りに行く子、室内でよくわからないけど盛り上がっているグループ・・・
大人の方がヘトヘトで、休憩しようよ・・・という感じです。
元気が良いのはいいことです。
たまには、一緒にお昼寝しようよ、とも思いましたが。

おやつには、コーヒー鑑定士の方が来てくださり、食堂がコーヒーの香りが広がりました。
アロマ効果でしょうか、飲む前から香りで癒やされます。
子どもたちにはカフェインレスのコーヒーを用意してもらって、カフェオレにして飲んでいました。
思ったよりもがっついて飲んでいて、淹れてくださった人が驚いていました。
スタッフにボランティア、保護者もコーヒーをいただき、みんなのほっとする時間となりました。

夕食後、最後の夜ということもあり、外で少しだけ遊びました。
まず、ちょっとゲームをしてからスーパーボールすくい、最後に花火をしました。
いつもよりも遅くなり、お風呂もバタバタになりました。

思いっきり遊べるのも、今日が最後です。
今回のキャンプは参加した子達にとって、どんなキャンプだったのでしょうか?

お手伝いの日

キャンプ5日目。
今日は宿舎で1日過ごす日です。

いつも遊び回り、掃除や洗濯、ご飯は大人の方々にしてもらってばかりです。
たまには、少しでも家事の大変さを知ってもらったり、手助けになればと思い、少しだけお手伝いさせていただきました。

前日の夜に当番を決めました。
多くの子どもたちは、水が好きです。
お風呂当番が争奪戦です。
いつも仲の良い友達、きょうだいでも、譲ることはありません。
勝った子は本当に嬉しそうです。

朝は、掃除と洗濯のお手伝い。
今日は人数がいるので、いつもはできない拭き掃除もしました。
裸足で歩いていて気持ちが良いです。
今きれいにしたところも、後数時間もしたら汚れているんだろうな・・・とは思いますが、一生懸命掃除してくれていたので、させてみるものだなと思いました。

お昼ご飯のカレーの材料を切るのも手伝いました。
野菜が数種類あり、3人ずつに分かれて皮むきや切りました。
学生よりも包丁に慣れている子がチラホラ。
上の学年の子が、小さい子にどういう風に切るのかなど、教えている姿もありました。

昼食はカレーです。
おいしくできて、喜んで食べてくれましたが、野菜を自分たちで切っても、苦手な子は全然食べてくれませんでした。

おやつを食べた後、毎年忙しい中来てくださる亜空亜SHINが来てくださりました。
子どもたちはあんぐりとしつつも、驚いて固まる子もいました。
子ども以上に大人が楽しみにしていて、はしゃぎっぷりがすごかったです。
SHINさん、今年もありがとうございました!

夕食は、流しそうめんです。
竹の器の口に当たる部分は、昼のあいた時間につるつるに磨いていました。
竹を使ってそうめんを流したのですが、みんな長い間竹の側から離れずにすくって食べていました。
夏を感じました。

今日はゆっくりのびのび宿舎で過ごしました。
毎日子どもたちが楽しく遊び回れるために、大人の人達がどんなことをしてくれているのかを、少しは感じ取ってほしいなと思いました。

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。