FC2ブログ

プロフィール

たかつき保養キャンプ

Author:たかつき保養キャンプ
~福島原発事故で被災した地域の子どもたちのために~
2020年夏について
2020年夏キャンプ中止について
hoyou_takatuki@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夏のたかつき保養キャンプ中止のお知らせ

いつもたかつき保養キャンプへのご支援、ご協力ありがとうございます。
今夏の第8回たかつき保養キャンプは、新型コロナウイルスの見通しがたたず、「子どもたちの心身の健康のための安全で安心なキャンプ」はむずかしいと判断し、大変残念ですが開催を中止することにいたしました。「また来たい」と言ってくれている子どもたちの願いに応えられず、本当に辛く悲しい思いでいっぱいです。
しかし、放射能汚染-被ばくとのたたかいはまだ長く続きます。現地の子どもたちや保護者のみなさん、そして応援して下さっているみなさんとのつながりを絶やさず、この危機から学べることは学び、来年に向かっていきたいと思っております。
未知の事態に直面する毎日、みなさまもそれぞれの場でご苦労の日々と存じます。どうかくれぐれもご自愛下さい。また元気でお会いできる日を心から祈っております。
 
2020年5月
たかつき保養キャンプ・プロジェクト
よびかけ人 事務局 一同


スポンサーサイト



今年動き始めています

あの日から9年。
震災の日から毎日テレビで見ていた映像に、とてもショックを受けていたのを思い出します。
あの日に感じたことはずっと忘れられません。

今ここでできることをしよう!
「ともにつながる」
をモットーに、今年もたかつき保養キャンプは動き出しています。
日程や詳しい内容は、後日おしらせします。
今年も多くの人達とのつながりを大切に。

無事に終わりました!

キャンプが終わり、1週間が経ちました。
期間中は、天気は大きく崩れることもなく、スケジュールの通り日程を終えることができました。
子ども達は、大阪の暑さに負けることなく、元気に過ごしていました。
一緒にいた大人の方がへばってしまうこともありました。

期間中、またその前後には多くの方々に協力をいただきまして、感謝ばかりです。
今年もキャンプができたのは、多くの方々の協力があってこそです。
ありがとうございます。

期間中の思い出は、ぼちぼちとブログに載せていきます。

始まりました!

今年もキャンプが始まりました!

朝から東北新幹線が運休し、少しハラハラしましたが、京都でみんな無事に合流して高槻へと来ました。
長旅の疲れが電車の中では見えましたが、宿舎に着き、休憩している時にだんだん仲良くなりました。
疲れを吹き飛ばしたのか、とても元気です!

今年は初めて会うお友達が多く、みんなで顔と名前をがんばって早く覚えようとしています。
一時は間違えることもあるでしょうが、たくさんおしゃべりして覚えていきます。

夕飯はしっかり食べ、後は寝るだけです。

お話会の案内

保養キャンプがだんだんと近づいてまいりました。
キャンプ開催の前に、みんなで保養について考えたり、話し合いたいと思い、会を企画しました。
ぜひご参加ください。


8年たったいま、もう一度考えよう!
~保養のこれまでとこれから~


とき:2019年6月15日(土) 18時から20時(受付は17時45分から)
ところ:クロスパル高槻 第1会議室(総合市民交流センター3階)
高槻市紺屋町1-2
JR高槻駅南口すぐ/阪急高槻市駅より徒歩10分
資料代:200円(学生無料)

あの2011年3・11東日本大震災-福島第1原発大事故から8年がたちました。
直後から、原発事故被災地に住む子どもたちを被ばくの危険から少しでも守るために、全国各地で市民の手による「保養キャンプ」が始まり、その多くはいまも続けられています。
8年経って、「福島は復興している」「放射能の心配はなくなった」といわれ、不安を語ることや賠償を求めることを「わがまま」という人たちもいます。
しかし震災と原発事故の被害を受けた地域の人々に出会うと、今もさまざまな問題が山積みしていることに気づかされます。
こうした状況を、どうとらえたらよいのでしょうか。
福島で起きていることは、日本全体に広がっている格差や差別、排除の風潮とも関係がありそうです。
8年たった今だからこそ、そのような視点から福島について、またこれからの「保養」の意味と役割について語り合いませんか?
これまで保養に関わってこられた方はもちろん、「保養って・・・?」という方も大歓迎です。
ゲストとして、福島県の障がいのある子どもとその家族を対象とした保養を行う「ゆっくりすっぺin関西」の代表、宇野田陽子さんをお招きします。

~宇野田陽子さんのプロフィール~
鳥取県生まれ。
1996年よりノーニュクス・アジアフォーラムのメンバーとして核も原発もない未来を目指すアジア地域の仲間づくりに関わる。
2011年5月より、福島を中心に毎月東北を訪問し、子どもの遊び場活動、言語聴覚士としての医療支援などに関わってきた。
保養を進める関西ネットワーク運営委員。

主催:たかつき保養キャンプ・プロジェクト
連絡先 080-5638-4638 (事務局:松野尾)
メール:hoyou_takatuki@yahoo.co.jp

 ホーム  »  次のページ