プロフィール

たかつき保養キャンプ

Author:たかつき保養キャンプ
~福島原発事故で被災した地域の子どもたちのために~
2018年夏も開催決定!
ボランティアとカンパについて
2018年の期間は7月28日から8月3日まで
hoyou_takatuki@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

たかつき保養キャンプより、新年のご挨拶

2014年があけました。新年が、少しでもよい年となるよう、みんなで力を合わせましょう。
たかつき保養キャンプ・プロジェクトは、2014年夏のキャンプに向かって昨年末から準備を開始しました。また、多くの皆さんとの出会いを願っています。

●年末に、2013年夏の保養キャンプに参加されたお母さんと子どもたちのお手紙が届きましたのでご紹介します。

【参加されたお母さんから①】
たかつき保養キャンププロジェクトの皆様 お元気ですか?
先日は素晴らしい報告書を送っていただき、ありがとうございました。写真や文章がふんだんにあり、しかもオールカラー。さぞかし作成するのが大変であっただろうと想像すると、ページをめくる手にもついつい力が入ってしまいました。
懐かしい顔に再び出会えて、娘達はことのほか喜びましたが、保養キャンプの様子を全く知らない主人は、1日のスケジュールや食事の内容まで詳細に知ることが出来、また子どもたちの笑顔の写真に大変感激しておりました。
今まで、お盆や正月、クリスマス等、家族で過ごしていた大切な時間も原発事故以降、保養を繰り返すことによって、主人だけが家に残り、私と娘たちは保養先で離れて過ごすというようなこともたびたびあり、保養に関しては「いつまでこの状態が続くのか」と快く受け入れられてない部分も少なからずあったように思います。けれど報告書の中の娘達の楽しそうな写真を見て、「こういうこと、今の福島では出来ないもんな・・・」と何度もつぶやいていました。きっと保養の重要性について、納得してくれたんだと思った瞬間でした。
また、若いボランティアさんの感想には、嬉しい言葉がいくつもありました。「原発問題について見つめ直す」「手渡されたチラシがきっかけでボランティアに参加した」等、福島から遠く離れた場所でもきちんと福島で起きている問題に関心をもってくれているんだと知ることが出来、なんだか安心しました。
「福島は復興している」そう思っている人達も少なくないと思います。けれど福島では未だに朝晩のニュースで各地の放射能の値が発表され、汚染水問題が新聞に載らない日はありません。こういう生活にもだいぶ慣れたとは言え、やはり風の強い日は、放射性物質を吸い込みやしないか、汚染された食材を口にして、知らないうちに内部被爆してはいないかと心配はつきません。金銭面やボランティア活動によって保養を支えてくださっている皆様にいつまでも頼ってばかりではいけないと思いつつも、より遠くの安全な場所へと思うと、やはり皆様のお力を借りるしかないというのが正直なところです。
今後も引き続きキャンプを続けていただけるなら、これほど心強いことはありません。夏のキャンプで、たかつきが大好きになった娘達は、「冬休みは保養はやらないの?」「来年の夏、また行ける?」と度々口にします。夏の猛暑の中、食事作りや子どもたちの世話でキャンプ後に体調をくずされた方はいらっしゃらなかったでしょうか?
皆様が子どもたちの体を案じてくださっているように、私たちも保養キャンププロジェクトの皆様が元気でいてくださることを願っています。そして出来れば、また次回の保養キャンプでお会いできたらと思っています。
2014年も皆様にとって素晴らしい1年でありますように!


【Aさん(13歳)より】
たかつき保養キャンプの皆様へ
報告書ありがとうございました。写真をみて、またたかつきでのことを思い出しました! 一緒に行ったともだちと学校で会う度に「大阪にもどりたいね~(><)」といつも話しています!(笑)
本当に今年の夏は、たかつきで最高の思い出ができました。来年の夏も、また皆さんにお会いしたいです♡ 
そしてぜひ福島にも遊びに来てください。待ってますよ!♪♪
本当にありがとうございました。m(-v-)m

【Wさん(11歳)より】
お元気ですか!?
報告書ありがとうございました。
また皆さんに会いたいですよ!!さむいけど福島にぜひ来てください!

【お母さんから②】
ご無沙汰しております。皆さんいかがお過ごしですか�<
こちらは朝晩冷えますが昼間は15度前後でまだ暖かい日が続いています。子供達も毎日元気に過ごしています。
゛なにが届いたのかな~?゛と、子供達と一緒に封筒をあけてびっくり德゛お~、すごいね!゛、゛あ~懐かしい!゛といいながら…
子供達と一緒にキャンプの日にタイムスリップしたような気分で、懐かしい思いで見ていて楽しくなりました。
キャンプの思い出が報告集となってとても嬉しいです。素晴らしいです!ありがとうございました。たくさんの人とつながっていることを改めて実感しました。
また皆さんにお会いしたくなりました。
お元気でお過ごしください。
スポンサーサイト

第一回たかつき保養キャンプ終了のご報告

7月28日(日)から始まった「たかつき保養キャンプ」は8月3日(土)朝、13人の子どもたちと3人のお母さんを送り出して終了しました。時間差の到着でしたが、13人の子どもたち、4人のお母さんたちが来てくださいました。
 最終日皆さんを福島と宝塚キャンプへ送り出すことができました。

 その翌日(8月4日)正午すぎ、東北地方でまた大きな地震がありました。福島へ帰られたみなさんに連絡を取ったところ、みなさん無事でしたが、地震もさることながら未だ不安定な状態の福島第1原発で何かが起こらないかと気が気ではありません。そうした中で毎日を送らざるをえない人々がいるということをあらためて痛感します。

 たかつき保養キャンプは、プロジェクトの立ち上げからキャンプの期間中まで、数え切れない方々のご協力があって成り立ちました。
 キャンプ期間の1週間、とにもかくにも事故や病気がなく終えることができ、子どもたちが来年も来たいと言ってくれました。それも、ひとえに支えてくださった多くの方々、駆けつけてくださったボランティアのみなさんのおかげです。
行信教校の学生さんたちが、連日子どもたちと一緒に過ごしてくれました。子どもたちはお兄さんとお姉さんからなかなか離れませんでした。

事務局としての数え切れないぐらいの至らなさを、「子どもたちのために」というみなさんの思いでそれを乗り越えていただきました。感謝の一言につきます。

 数百枚の写真がありますが、取り急ぎ全員集合を掲載致します。

 詳しい報告は少し時間がかかりますが、取り急ぎ直後の報告とお礼まで。

   8月4日 
              たかつき保養キャンプ・事務局

これです

7/28~8/3「たかつき保養キャンプ」ボランティア募集

福島の子どもたちとお母さんたちが高槻にやってきます。
子どもたちと一緒に遊ぶ
食事を作る、お掃除や洗濯、車の運転をする
お母さんたちとお話をする
泊まって子どもたちを見守る
他にもいっぱいすることがあります。
 
できることを半日でも、お手伝いください。

以下をメールでお送り下さい。(ファックスでも受け付けます。登録していただいた方には後ほど連絡差し上げます。)
------------------------------------------------
●ボランティアに登録します。
   
 お名前 年齢  
 住所            
 電話(携帯)          メール   
 
★協力していただけるお仕事(上記以外も)
 ★今、可能な日時はありますか
  ◎ある(  日あるいは 曜日   時~    時頃)
  
  ◎今は未定
------------------------------------------------
送付先
Email takatuki-camp@hope.zaq.jp
Fax:  072-636-5389
でんわ: 080-5638-4638

たかつき保養キャンプから費用改定のお知らせ

私たちの資金カンパの訴えに多くの方が協力をいただいています。今回下記のように参加者の交通費補助などを改定しました。お問い合わせまっています。

交通費について
 これまでこども、保護者とも1万円の補助とさせていただいていましたが以下のように改定しました
 (基本は新幹線利用です)
 こども(小学生)は、キャンプ側で全額負担します
 保護者(おとな)は、片道分を補助します
 
②滞在費
 こども、保護者とも  一日1,500円
 未就学児のお子さん  一日1,000円

 ★全期間(6泊7日)の場合、1人1,500円×6泊=9,000円
                     未就学児は 6,000円  
  お子さんだけ来られるときは、ご負担は滞在費の9,000円のみになります。 

★数日間の滞在の場合はその日数分をいただきます。

 6月5日

5月26日(日)ジュースとジャムをつくりました(カフェぽぅにて)

キャンプに参加するみなさんには、安全でおいしい食事と飲み物を手作りします。
今日は、レモン、イチゴで酵素ジュースの仕込み。暑い夏には最適です。
またイチゴジャムと甘夏でオレンジピールもつくりました。おやつの材料です。
今日はスタッフ4人で3時間がんばりました。レモンは広島産、イチゴは奈良県産、甘夏は高槻産です。
みなさん、楽しみに来てくださいね。待ってますよ~

たかつきの近くのみなさん。
6月15日(土)の振津かつみさんの講演会にぜひ来てください。
ボランティアも募集中!メールか電話でご連絡下さい。

レモン(酵素ジュース)
レモン(酵素ジュース)

イチゴ(酵素ジュースとジャム)
イチゴ(酵素ジュースとジャム)

甘夏(ママレードとオレンジピール)
甘夏(ママレードとオレンジピール)

作業が一段落して一息の4人のスタッフ
作業が一段落して一息の4人のスタッフ

 ホーム  »  次のページ