FC2ブログ

プロフィール

たかつき保養キャンプ

Author:たかつき保養キャンプ
~福島原発事故で被災した地域の子どもたちのために~
2018年夏も開催決定!
ボランティアとカンパについて
2018年の期間は7月28日から8月3日まで
hoyou_takatuki@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼

 7月27日から始まりました第2回たかつき保養キャンプは、予定通り8月2日に、子どもたちと保護者方を福島まで無事送り届け終了しました。
 今回は、子ども16人(福島県から14人、埼玉県から2人)と保護者6人の計22人を迎えました。年齢も2歳から中学3年生までと幅広く、2度目の子も、初めての子も、いつのまにかすっかり打ち解けて、元気に過ごしていました。
 終わりの会では子どもたちと保護者のみなさんはそれぞれに、「楽しかった」、「心身ともにリフレッシュできた」、「来年もまた来たい」と言ってくださいました。何よりもうれしいことです。
 キャンプ期間中、100人を超えるボランティアさんに支えていただきました。また、たくさんの方からカンパ・物資をいただきました。キャンプの成功はこの皆様のご協力あってのものです。まことにありがとうございました。
 放射能被曝から子どもを守るためのとり組みの一つとしての「保養キャンプ」はこれから先、長期に続けていかねばなりません。たかつき保養キャンプ・プロジェクトもその覚悟でがんばって参ります。
どうか、今後ともご協力をよろしくお願い申し上げます。
キャンプ終了のお知らせとお礼を申し上げます。

2014年8月21日 
大阪府高槻市東五百住町3-6-24カフェぽぉ気付
          たかつき保養キャンプ・プロジェクト
よびかけ人 大野町子 木下広子 高谷信善
   事務局 松野尾かおる

8月2日 (キャンプ終りの会) (32)1

スポンサーサイト

キャンプ終了しました

昨日8月2日にたかつき保養キャンプの全日程を終えました。

8月1日は大阪観光に行ってきました。あべのハルカスと道頓堀に行くコースに分かれて行動しました。あべのハルカスは展望台まで行って大阪を一望しました!!ガラス張りの部分が有り、足が少しすくんだ子もいたようです。
道頓堀に行った子はグリコやカニ等の看板を見て驚いたり、たくさん写真を撮っていました。
子どもたちはたくさんのお土産を買っていました。

2日はキャンプの終わりの会をしました。キャンプに参加してくれた保護者と子どもたちに一言ずつ感想を言ってもらいました。感極まって泣く人、楽しかった思い出を言ってくれた人。感想を聞いているだけで泣きそうになりました。
終わりの会の後子どもたちとお別れしました。宿舎に帰ると子どもたちの声やボランティアの声も無く静かなので、とても寂しくなりました。
子どもたちの「また来たい」、「大阪に戻りたい」、「まだ帰りたくない」という言葉を聞くと嬉しくも有り、こちらもさみしくなりまました。
また子どもたちや保護者の方達と会えるのを楽しみにしています。




ボランティアに参加してくださった方、カンパに協力してくださった方、本当にありがとうございました。今年も無事に保養キャンプを行うことができました。
期間中の写真はまたこれからぼちぼち掲載していけたらいいなと思っています。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。