プロフィール

たかつき保養キャンプ

Author:たかつき保養キャンプ
~福島原発事故で被災した地域の子どもたちのために~
2018年夏も開催決定!
ボランティアとカンパについて
2018年の期間は7月28日から8月3日まで
hoyou_takatuki@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

3日目

朝はいつもの通り始まりました。
宿題への取り組みはちょっとだけ集中するようになりました。

お昼からは高槻市の山奥へ地元のボーイスカウトとキャンプに来ました。
場所を変え、大人よりも子どもが多いので、結構羽のばせているように見えます。
楽しんでいるのか、夜も元気に過ごしています。
スポンサーサイト

2日目

2日目の朝は、早くから起きていた子は鐘つきをし、のんびり起きた子もいました。

朝ちょっと時間があったので近くの公園へ。
鬼ごっこをしながら背の低い木にセミがいるのを見つけました。
一緒に行っていた方がよく見てみると、アブラゼミだったそうです。
子どもにアブラゼミだよ、と伝えると、素っ気ない・・・
あまり見られないので、大人達は興奮しました。

お昼からはチャリティーコンサートでお世話になった府立芥川高校へ行きました。
高槻の高校生徒会有志の生徒と芥川高校の和太鼓部とダンス部が、高槻に来てくれた子どもたちへの歓迎会をしてくれました。
間近で見る和太鼓の演奏には子どもも大人も迫力に驚き、固まっていました。
実際に和太鼓をたたかせてもらいました。
ダンスはかわいかった、という声が聞こえました。
一緒に踊らせてもらう事になったのですが、緊張したのか恥ずかしかったのか、なかなか前に出られませんでしたが、なんだかんだ楽しんでいました。
今日まで準備をしたり予定を立てたり、子どもたちを楽しませてくれた生徒や先生のみなさんに感謝です。

夜、雨も上がり時間があったので花火をしました。
プログラムへの参加はあまり乗り気ではないのに、花火をするよ!、との声かけへの子どもたちの反応の早さには驚きました。
みんな数本ずつ握りしめながら花火を楽しみました。

今日はよく動いたので夜はぐっすり眠れるかな?

1日目

今日から夏のキャンプが始まりました!!
子どもたちや保護者の方も元気に到着され、たくさんの笑顔であふれています。
昨日までの準備も多くのボランティアの方にお世話になり、また寄贈もあり、感謝しても感謝しきれません。
本当にありがとうございます。

無事にキャンプ初日を迎えられ、ほっとしております。
これから毎日多くの笑顔であふれ、のんびりとすごせる日々を送れるようにキャンプを行っていきます。

写真での様子はまた後日お伝えします。

 ホーム