プロフィール

たかつき保養キャンプ

Author:たかつき保養キャンプ
~福島原発事故で被災した地域の子どもたちのために~
2018年夏も開催決定!
ボランティアとカンパについて
2018年の期間は7月28日から8月3日まで
hoyou_takatuki@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お手伝いの日

キャンプ5日目。
今日は宿舎で1日過ごす日です。

いつも遊び回り、掃除や洗濯、ご飯は大人の方々にしてもらってばかりです。
たまには、少しでも家事の大変さを知ってもらったり、手助けになればと思い、少しだけお手伝いさせていただきました。

前日の夜に当番を決めました。
多くの子どもたちは、水が好きです。
お風呂当番が争奪戦です。
いつも仲の良い友達、きょうだいでも、譲ることはありません。
勝った子は本当に嬉しそうです。

朝は、掃除と洗濯のお手伝い。
今日は人数がいるので、いつもはできない拭き掃除もしました。
裸足で歩いていて気持ちが良いです。
今きれいにしたところも、後数時間もしたら汚れているんだろうな・・・とは思いますが、一生懸命掃除してくれていたので、させてみるものだなと思いました。

お昼ご飯のカレーの材料を切るのも手伝いました。
野菜が数種類あり、3人ずつに分かれて皮むきや切りました。
学生よりも包丁に慣れている子がチラホラ。
上の学年の子が、小さい子にどういう風に切るのかなど、教えている姿もありました。

昼食はカレーです。
おいしくできて、喜んで食べてくれましたが、野菜を自分たちで切っても、苦手な子は全然食べてくれませんでした。

おやつを食べた後、毎年忙しい中来てくださる亜空亜SHINが来てくださりました。
子どもたちはあんぐりとしつつも、驚いて固まる子もいました。
子ども以上に大人が楽しみにしていて、はしゃぎっぷりがすごかったです。
SHINさん、今年もありがとうございました!

夕食は、流しそうめんです。
竹の器の口に当たる部分は、昼のあいた時間につるつるに磨いていました。
竹を使ってそうめんを流したのですが、みんな長い間竹の側から離れずにすくって食べていました。
夏を感じました。

今日はゆっくりのびのび宿舎で過ごしました。
毎日子どもたちが楽しく遊び回れるために、大人の人達がどんなことをしてくれているのかを、少しは感じ取ってほしいなと思いました。
スポンサーサイト

トラックバック

http://takatsukicamp.blog.fc2.com/tb.php/66-229dc16e

 ホーム