FC2ブログ

プロフィール

たかつき保養キャンプ

Author:たかつき保養キャンプ
~福島原発事故で被災した地域の子どもたちのために~
2018年夏も開催決定!
ボランティアとカンパについて
2018年の期間は7月28日から8月3日まで
hoyou_takatuki@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰る日

7日目。
最終日の朝はいつもの通りの始まりです。

朝ご飯をゆっくりと食べたら、最後の荷作りの時間です。
個人の箱に忘れ物はないのか、友達のものはまじっていないのか、来るときと同じ荷物の量なのになぜか入りきらない。
自分たちが持ってきた荷物を全部バッグに入れ、送る荷物と持って帰る荷物に分けて片付けました。
最後に部屋の中に忘れ物はないのか確認です。
よく見ると落とし物が出てきます。
本当に忘れ物はないのか、何度も何度も確認しました。

終わりの会では、みんなに感想を言ってもらいました。
多くの子どもたちが川遊びが楽しかったと言いました。
自然が作り出した遊び場。
おもいっきり楽しめたのだな、今年も行けて良かったななど、聞いていた人達はそれぞれ心に思いながら聞いていました。

お弁当を持った子どもたちとは、多くのスタッフは宿舎でお別れです。
我が家に遊びに来てくれた子どもや孫のようで、寂しい気持ちが募ってきます。
また会えるのを楽しみに。

福島まで送ってくれたスタッフからの新幹線での様子と写真が来て、みんなで安心しました。
無事に楽しく帰れて良かったと、やっとほっとし落ち着きました。

終わってみればあっという間。
始まったときは、まだ○日目、あれもしなければ、これも、準備が・・・とバタバタしていましたが、もう終わってしまったのかと驚きました。
楽しい時間は、あっという間です。
子どもたちにとっては、もっと早く時間が流れていたのかもしれません。
静けさが、この夏のキャンプの終わりを告げているのだなと感じます。
この期間に出会えた子どもたち、ボランティアの方々など、多くの出会いがありました。
この出会い、つながりがずっと続いてくれたらいいなという思いです。


この夏も多くの方々にお世話になりました。
ありがとうございました。
今年も無事にキャンプができたのは、みなさまのおかげです。

一人ではなく、たくさんの人がつながり、支えてもらっています。
このつながりを大切にし、続けていきたいと思いっています。

プロジェクトの方は少しお休みをし、ぼちぼち報告集作りでしょうか。
することはあるのでしょうが、“次”までゆっくりと活動していきます。
スポンサーサイト

トラックバック

http://takatsukicamp.blog.fc2.com/tb.php/82-29f79861

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。